J.Yokota Rod Maker | 横田ロッドブログ

J.Yokota Rod Maker(横田ロッド)です。ホームページはyokotarod.com。ウェブリブログから引っ越してきました。 本職のバンブーロッド製作はもちろん、 犀川、山岳渓流、海、北海道などの釣り 山菜、きのこ、温泉、焼酎・・・・・ などなど、できるだけ"マメ"に書き連ねていきたいと思います。 よろしくお願いします。

カテゴリ: バンブーロッド・製作

2018福竿の竿袋生地です。
例によって竿袋職人のカミさんの趣味です。
干支の犬デザインとのことです。

画像


   ~~~~~~~~~~~

毎年、1月2月はつるやさんのハンドクラフト展に出品するロッドを
メインに作ります。

今日は1月分、ブランク接着の日。

福竿試作も含め、今月は7本のロッドを作ってます。
画像


福竿(バットセクション)はこれです(真ん中)。
スウェル部1インチで対面3.6mm太らせてます。
スウェルバット・接着直前のアップです。
画像


無事接着完了。
温室で静置、乾燥させます。
画像


で、今日はこれで終わりではありません。
もう夜ですが、

本日2回目の雪かきをして、一日の仕事が終わります。
画像
外から見たヨコタロッド工房。

明日はフェルール製作です。

試作ばっかしやってて、「もうじき納品のロッドたち」
が遅れるとマズいので、2日間は作業を我慢してました。

   ~~~~~~~~~~~~~

6本ラッピングをして、
一番最後に試作品のラッピングをしました。
いつも試作となると、使ったことのない糸を使います。
「色」というか、塗装後の「毛羽立具合」が気になります。

「福竿」本番とは色を変えて、
今回はメインを「真っ黄色」
トリムをダークオレンジでやってみました。

   ~~~~~~~~~~~~~

もうじき終わります。
スウェルの角度がきついので、難しいです。
画像


もうちょっと
画像


トリムを入れてラッピング終了!
画像


ラインを通して振るだけなら、なにもラッピングまでしなくてもいいんです。
マスキングテープでガイドを仮止めして、
ポケットにリール入れて振ればいいんです。

でも今回は完成時の重量が気になっているので、
最後まで仕上げます。

一発目の塗装も終わりました。
画像

きのう布団に入ってから思いつきました。

「そうだ!明日早朝からブランク研ぎ出してフェルール
接着すれば、夜にはすり合わせできるかもしれない!!
一気にすすむかもしれない!!!」
 と

  ~~~~~~~~~~~~

------早朝-----

ブランク研ぎ出し完了。
画像


ヤスリはSankyoと3Mの空研ぎシート
#60→#100→#240を使います。
画像


次はコルクグリップとフェルール位置決め。
画像


間違ったらパーです。(過去一度あります・・・)
フェルール位置
画像


ブランクをカットして、まずはフェルール取り付け加工
画像


こんな風になります。
画像


加工完了
フェルールを接着して、
例によって温室で強制乾燥。
画像


まだ朝です。
コーヒー入れて・・・

「もうじき納品ロッド」たちのラッピングに入ります。
画像


午前中はおとなしくラッピング

ヒルナンデスを観ながら昼食を食べて、午後一番に
コルクグリップ製作に入ります。

自分で使う試作ですから、できるだく「悪いコルク」を
寄せ集めて・・・・・
画像


接着
画像


   ----ここからまたしばら「もうじき納品ロッド」のラッピング---

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方になりました。接着剤が乾いたら、加工に入ります。

いつもならスウェルはこの程度しか出しません。
これはあくまでも「自分の好み」です。
画像


  が、

今回はここまで出します。

「福竿」というお祭りロッドなので・・・
画像



旋盤でグリップ加工です。
大ざっぱにバイトで粗削りをして
画像


ペーパーで仕上げます。
画像


特製パテを作って
画像



パテ埋め完了
画像


またまたまたまた温室で強制乾燥
画像


「もうじき納品ロッド」のラッピングに戻ります。

2トップの100段巻きです。
なかなか進みません・・・・・
画像


ここでカミさんの「ごはんだよ~」 コール。

「鍋」でした。
この後また仕事をしたいので、
酒も飲まずに食べました。

酒の誘惑より、試作の誘惑が勝ちました!

   -----夕飯後-----

余分なパテを落としてグリップ完成。
リールシートを付ければこうなります。
画像


すぐにフェルールのすり合わせ。
フェルールも磨き上げて完成。
画像


  -----ここで、何よりも楽しみにしていた
(ラインは通してないけれど) 試し振り-------
   ・・・・・・・ビュンビュン・・・・・・・・思った通り!
でも、もうちょっとスローにしてもいいかなぁ・・・・・


#1とか#2の低番手はガイドがつくと、けっこう ”もたれ” ます。
まぁ、それがまたなんともイイんですけど。
微調整はラインを通してから、また考えます。


ブランクに下塗り(ふき塗)して、乾燥。
本日の作業おしまい!
画像


思惑通り「もうじき納品ロッド」たちに追いついてしまいました。
明日からは試作でバタバタしないで、
他のロッドと同時に仕上げるようにします。

・・・早くライン通したいけど・・・・・

2017「福竿」 試作 3日目 です。
でも、 「もうじき納品のロッド」 製作の”合間”に
やっているので、思うようには進みませんが・・・

   ~~~~~~~~~~~~~~

今日はこの「もうじき納品のロッド」のすり合わせ作業から始まりました。

すり合わせ→最終のクセ取り→ガイド面合わせ→下塗り
この状態になったのが午後3時半です。
手前の1本はスウェルをけっこう出しました。
画像


すぐにちょっと先行している1本のラッピング。
しかも100段巻き!
昨日から始めて、なかなかすすみません。
この段階で、あとちょっとのとこで
「ごはんだよ~~~」 とカミさん。午後6時ちょうどです。
画像


夕飯食べて、ちょっとニュースを見て
またラッピングを始めます。

午後7時半、ラッピング終了。
画像


これでやっと試作品の製作に入れます。

「試作」というのは、なぜなんでしょうか?
なんとも楽しみで、ワクワクするものなんです。
一日中考えています。

いつもならもう、一杯やってる時間ですが、平気です。
「ヨッシャ、やるど!」
 と気合を入れて始めました。

   ~~~~~~~~~~~~~~~

まずはフェルール作り。
ちょうどいい長さの材料(ニッケルシルバー・洋白)がありました。
これを加工して作ります。
左の2本は「長さ見本」です。
画像


外径を削って
画像


こんな風になります。
左側がオス、右側がメスです。
画像


カットして端面をならして内グリ
(ドリリング・メスはリーマーまで)

左がドリル(鉄ギリ)
右がハンドリーマー
メスの内側を鏡面加工する工具です。
画像


     -----ザッとですが、こんな感じです-----


ドリルで内グリ
画像


メスはリーマーで鏡面加工
画像


内側の加工が終われば、
超音波洗浄器で洗って
画像


メスフェルールには内側の「仕切り」をロウ付け
画像


スリットを切って、フェルール完成。
画像


ここで9時20分。
ホントはまだやりたいんですが、
これ以上やると「もうじき納品ロッド」たちの
あすの作業に差し支えます。

・・・・・・というか、 ビールのみたい!!!


明日はラッピング・ラッピング・ラッピング・・・
・・・明日中じゃ無理ですが、100段巻きが2本。

その合間をぬって、また試作品製作します。
おそらく夜にはなるでしょうが・・・

ブランク研ぎ出し→フェルール接着

あたりだと思います。

大急ぎで福竿試作2日目です。
昨日曲げ伸ばしした竹片を、火入れやらカンナ掛けやら・・・
今日は接着までいきました。

     ~~~~~~~~~~~~~~~

仕上削り完了。
トップ先端です。
つまようじと比較してください。
細いでしょ!
画像


トップ下端です。
ここらで対面3.7mmぐらいになります。
画像


接着完了。
スウェルバットはこんな感じです。
画像


明日は他のロッドのラッピング、フェルールすり合わせをしながら、
合間・合間に、この試作品のフェルール製作をします。

↑このページのトップヘ